ヴァナ・ディールに生きる黒タルののほほんな日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冒険者であるために。

ウィンダス・調理ギルドで指定生産の課題を確認すると、簡単なメモだけ取って
魔法の詠唱を開始する。やがて光が身体を包み、ぷるは愛する故郷を後にした。
土煙の舞うメアのテレポイント。今日もぷるはここに降り立った。真夜中の緊急
召集。ぼーっとしかけていた意識をもう一度しっかりさせる為に小麦色の冷たい
飲み物をノドに流し込む。ウマイ。コレに尽きる!・・・いや、少し目が覚めた
ところでテレポイントから北東方向にあるシャクラミの地下迷宮を目指す。もう
すでに数人の仲間は迷宮に入っており、さらに奥の乾いた大地を目指している。
急がねば。冒険者に奥地が解放されてから通る機会の増えた迷宮を駆け抜ける。


迷うことなくアットワ地溝へと入りうっすらと景色が広がるやいなや走り出す。
入り口近くにいるオステア装備のタルタルの説明を適当な相槌をうちながら聞き
流してアイテムをもらう。この厳しい大地で、さらなる奥地に進むにはひとつの
試練を乗り越えなくてはならない。顔をぺちぺち叩いて気合いを入れ直し、先に
向かっているであろう仲間に追い付くべく歩みを早める。谷を渡り一本道の長い
洞窟を抜けると視界が開けた。洞窟を抜けた高台からは最初の目的地、パラダモ
の丘の全容が一望できる。さぁ、あそこを目指すんだ。

attohwa6061.jpg

まもなく夕暮れを迎える美しい色合いに染まった空とその荒涼とした茶色の岩肌
とのコントラストにふと見入っていると、後ろから足音もなくやってきた仲間の
ミスラシーフがぼんやり立っていたぷるの周りをくるくる走る。いつの間にか、
追いこしてしまっていたようだ。我に返り、2人一緒に丘に向かって走り出す。

「ぷるさん、ストーク」

声に驚いて振り返ると赤マゲがにやりと笑ってみせた。後から数人向かっている
ようだが、ひとまず3人で競うように有毒ガスの吹き出す岩の間をすり抜け走る。

attohwa606.jpg

やがて丘の上へと続く山道の入り口に到着すると、躊躇する事なくその細い道へ
歩みを進める。初めて来た時は落ちたり迷ったり2時間かけてようやく登頂した
この丘も、もう道は身体が覚えている。慎重かつ大胆に突き進む。途中赤マゲの
「あ、落ちた」という声が遠くで聞こえたが、助けに行くような真似はしない。
ひとりで這い上がってくることのできる奴だと知ってるから。決して面倒だった
訳ではナイ。行動を共にしていてもPTは組まない。これは、面倒だったからだ。
いや、頭には同じ白いリンクパール。これだけで十分だ。

・・・と、丘の頂上に着いて麻袋に石を詰め込んでいるとちろマダムからPTの
誘い。我らが白パールのボスからの誘いは断れない。PTの誘いを受けチャット
モードを切替える。地図で場所を確認しながら後から来たちろマダムとエロ狩を
迎えに行きようやくパラダモの丘に5人の仲間が揃った。・・・ん?5人なのか?

ちっ。誰かが舌打ちする。5人でいつものヤツに挑むのは少々危険かも知れない。
運さえよければ5人とて楽に勝てるのだろうが、唯一喫した敗戦はその運に頼って
敵を甘く見ていた結果生まれたものだったのだ。もう深夜1時を回っている。決断
しなくてはならない。しばらくして、赤マゲが言った。

「別のヤツ、行ってみるか?」

おぉ。全員の瞳が興味を示して輝いている。どうやら決まりだ。テレポでメアに
飛び、アットワ入り口のタルタルから取って来た石のかわりに防毒面をもらう。
走りながら参考になる戦術など調べてみるが時間が少なく、たいした情報は手に
入れられなかった。足音を殺し、毒を吐く無気味な花を避けながら危険なゾーン
を駆け抜ける。今日は巨大な龍の姿もない。さぁ、この洞窟を抜けたら戦場だ。

千骸谷に着くとそこに人影はなかった。少し気を緩めて、すり減ったMPとHPを
全快させる。おもいおもいに食事を取り、ある者はジュースを絞る。初めて拳を
交える敵。少ない情報。メンバーも決してバランスがいいとは言えない。だけど
例えようのない、このワクワクした気持はどうだろう。情報が飛び交い、すぐに
戦術が確立され、型にはまった戦闘が繰り返される昨今にあって忘れかけていた
「冒険」という言葉が脳裏を過る。そう、このワクワクが冒険なんだ。冒険者は
まだ見ぬ敵を倒して次の道を切り開く。これから先も冒険者であるために。さぁ
行こう。防毒面をかぶる。目の前の猛烈な有毒ガスの先に道は続いているのだ。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ENM「風と共に」行って来ましたー♪ 5人で行って見事に負けました(/ω\)

メンバーはシ狩赤黒黒。盾いないばかりか、挑発持ちゼロ。ひぃ。人数で押せる
かなーと思ったんだけど甘かったデスネ┐(´∀`)┌精霊や遠隔は高速移動中に
入れないとダメが入らないというのは知ってたんだけど思いのほか移動が少なく
止ったままガ系の詠唱ばっかりで、スタンや渾身の精霊はブリンクでよけられる
始末。止ったままだと回避は高いし魔法はレジられるし全然削れない。むきー!

時間ぎりぎりまで粘ったんだけど結果全滅。くやしー!でもとても面白かった。
こんなの3人で勝てるの?って思うくらいの強さだったけどなにか方法があるん
だよね?それを探し出して絶対今度は勝ってやるぅぅぅ!Ψ(`∀´)Ψ

終わったのはもう2時過ぎ、さすがに小麦色の飲み物の効果も切れてねむねむの
へろへろだったのでジュノに戻って即オヤスミ。でもやっぱり初めてやる敵って
楽しいねー!白パールのいつか倒すぞリストに「Race Runner」(エフトちゃん)
の名前を新たに書き込みましたとさ♪またいくどー!冒険者ども!!(´∀`)
スポンサーサイト

コメント

エフトはねぇ、盾いらないけど
その代わり精霊や遠隔じゃ削りづらいから
暗黒とかモンクとかいるといいよ。
わたしはいつも暗黒で行って盾しとる。

  • 2005/06/09(木) 11:39:32 |
  • URL |
  • あるひと #1Nt04ABk
  • [ 編集]

ふむむ。

暗黒モンクかぁ。どっちもいなかったな。
3人でさくっと行けるようになったらちょっとした空き時間にいいよなー。
またチャレンジしにいこーっと!って黒しかだせねー(;´д⊂)

  • 2005/06/12(日) 12:35:32 |
  • URL |
  • ぷる #8pPXQBKg
  • [ 編集]

自称いやし系ってやつみたいな?

暗黒やってますガルカです!名前はTで始まってeで終わります!!
エフト慣れしてますので(自称)
ご入用の際には是非お声を!!

  • 2005/06/13(月) 22:57:06 |
  • URL |
  • 自称いやし系ってやつです #-
  • [ 編集]

あらまぁ。

自称癒し系のギャルカ●op●さんはエフトと仲良しでしたか!
あれからチャレンジしてないけど、1回はぬっころしてみたいので
今度ギャルカデリバリーサービスお願いするかもしれません。
ちなみに、なんかいいもん出る???

  • 2005/06/14(火) 17:29:35 |
  • URL |
  • ぷる #8pPXQBKg
  • [ 編集]

ガラティーヤってのがでますが100万ぐらいで
なかなかおいしゅうございます。
あと特筆すべきは青漆!!!
1個4000Gで売れたお!

  • 2005/06/14(火) 23:23:45 |
  • URL |
  • 自称いやし系ってやつです #-
  • [ 編集]

おいしゅー

ガラティーアって100万まで下がったのかー。
前まで200万超えてたよね?
上がる一方のモノもあればあっという間に下がるものもある。
青漆も一時期2000とかってありましたよ?
値上がりしたもんだ・・・だって倍じゃないですかー♪(´∀`)

  • 2005/06/16(木) 09:33:54 |
  • URL |
  • ぷる #8pPXQBKg
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puruyu.blog6.fc2.com/tb.php/76-37ce2632

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。